30代後半から出てくる肝斑の治療について

日頃から美白を心掛けていても、頬や目の周りに出来てしまう、ぼんやりとしたシミ、それが肝斑です。
この肝斑はホルモンバランスの乱れが原因とされており、30代後半から40代の年代の女性が、多く悩んでいると言われます。
この肝斑の治療には、皮膚科での治療が推奨されます。
実際に病院では、どういった治療を行うのかと言うと、レーザーを患部に当てる治療や内服薬・美白用外用薬の処方などが行われます。
近年採用されているレーザー治療は、レーザートーニングと呼ばれる方法です。
レーザーの力をかなり弱める事によって、メラニンを刺激して悪化させる事無く、治療できる様になっています。

内服薬はトラネキサム酸やLシステイン、そしてビタミンCやビタミンEを含んだ物が処方されます。
トラネキサム酸は、メラニン色素から排出されるシミの原因を抑制する事で、沈着を抑える力が有ります。
Lシステインは肌のターンオーバーを促進する成分で、その働きによってメラニンの排出を促します。
またビタミンCやビタミンEは、美白効果の有るビタミンとして有名ですが、ビタミンCは肌のターンオーバーを促進して、メラニンの排出を助けます。
それに対してビタミンEは、活性酸素の発生を抑える働きをします。
この活性酸素はシミの発生原因となる為、シミの原因を抑制します。

これらの他に美白用外用薬として、トレチノインやハイドロキノンと言った薬が処方される場合も有ります。
トレチノインは肌のターンオーバーを促進する薬で、ハイドロキノンはメラニンを作り出す原因を抑制する薬です。
どちらも非常に効果が高い美白用外用薬なのですが、使い方を誤ると酷い肌トラブルに繋がる危険性を持っています。
使用方法や容量は、担当の医師の指示通りに行う必要が有ります。

皮膚科に通うほどの悩みでは無い、と言う場合は市販薬での治療、と言った方法も有ります。
こちらは美白用外用薬は無く、内服薬のみですがトラネキサム酸やLシステインを配合した市販薬が販売されています。
ただしトラネキサム酸は副作用の心配が有る為、使用法をよく読んで使用して下さい。

女性ホルモンの影響で肝斑が出る

肝斑は普通のシミと違い、ホルモンの働きが原因で発生する物と言われています。
その理由の一つは、主に発生する人が、30代後半から40代の女性である事から、そう言われています。
それ以外には妊娠をしている人や、ピルを服用している人となっており、ホルモンの働きが不安定な人がそれに該当する為です。

特に肝斑の発生が多く見られる、30代後半から40代に掛けての女性は、早くも閉経に向けてホルモンの働きが不安定になって来ていると言われています。
また30代後半の女性と言えば、近年では子育てがひと段落して社会に戻り、仕事と子育ての両立をしている人の多い年代です。
2つの仕事の板挟みで、ストレスの解消が上手く出来ず、ホルモンの働きが不安定になったまま、と言った状態が多い世代です。

肝斑はどうやら、これらの原因によって女性ホルモンが分泌され難くなった場合に、多く発生する様です。
とはいえ現在の治療法は、不安定なホルモンを安定させる為に、薬などは使いません。
先にも紹介したトラネキサム酸などの内服薬や、ハイドロキノンと言った美白用外用薬の処方が殆どです。

また治療中には、幾つか気を付けるべき点が有ります。
ハイドロキノンは美白用外用薬ですが、日光に当たると色素沈着を起こす恐れが有ります。
ハイドロキノンの効果をしっかり発揮させる為には、日焼け対策をしっかりする事が大切です。
またストレスなどでホルモンの働きが不安定になる事も、悪化の原因となる為、ストレス発散をこまめにする様にして下さい。
治り難いとは言え、気長に取り組めば薄くできるのが肝斑です。
30代後半からは日頃の美白ケアに、ストレスのケアと皮膚科診療、この二つを加えて美しい肌を保って行きましょう。