肌荒れ対策についてしおり

肌荒れを確認する女性

肌荒れは様々な原因によって起こります。
そして原因を大きく分けると、生活習慣の乱れと誤ったスキンケアの2つに分けることができます。

生活習慣が乱れると、体内の新陳代謝が乱れ、肌の代謝がうまくいかなくなってしまいます。
例えば栄養の偏りによって便秘になると、ガスや不要物が体内に溜まり、体内の代謝が悪くなってしまいます。
また、栄養の偏りは免疫力が低下し、体調不良にもつながります。
肌の代謝に必要なホルモンは、主に寝ている間に放出されます。
睡眠不足になると肌の代謝に必要なホルモンが十分分泌されなくなってしまうため、肌荒れの原因となります。
また、体のケアを十分に行う時間が取れなくなり、免疫力が低下して体調不良につながる恐れがあります。

ストレスがかかると自律神経の働きが悪くなってしまいます。
自律神経は体内のホルモンや血流のバランスをとっています。
けれども自律神経がうまく働かなくなってしまうことで、肌の代謝の悪化だけでなく、体調不良にもつながります。
運動不足も大きな原因です。
運動は血流の促進に重要なだけでなく、ストレスの軽減にも役立ちます。
運動不足は体の様々な部分に悪影響を及ぼします。

一方、誤ったスキンケアも肌荒れの原因となります。
たとえば肌に合わないスキンケア用品を使用すると、肌にダメージを与えてしまうことがあります。
もし違和感を感じた場合はすぐに使用を中止しましょう。
顔の肌はとても敏感です。
ゴシゴシ強くこすったり、化粧水をつけるときにパッティングを行うと、それだけでもダメージを与えてしまいます。
メイクを落とす時に強いクレンジング剤を使用したり、生活に合わない日焼け止めなどを使っても肌にダメージを与える恐れがあるので注意が必要です。

そして、肌荒れの大きな原因は乾燥です。
肌に水分を与え、そのまま保湿しないでいると、空気中に水分が逃げだしてしまいます。
その時肌に本来含まれていた水分まで逃げてしまい、乾燥が余計に進んでしまいます。
このように、肌荒れは日ごろの生活と誤ったスキンケアによって起こります。
そのため改善するためには、今の生活とスキンケアの方法を見なおす必要があります。

生活習慣をの見直しをして肌荒れを改善

肌荒れを改善するには、まず生活習慣を見直すことが大切です。
特に免疫力の低下は肌荒れだけでなく、体調不良にもつながります。
免疫力を落とさないような生活習慣を送る必要があります。

まずは食事です。 食事は免疫力を高める上で重要な要素となります。
特に肌の基となるたんぱく質、肌環境を整えるビタミン・ミネラル、酸素の運搬に必要な鉄分、食物繊維は多めにとるようにしましょう。
なお、食事は寝る2~3時間前までに済ますようにします。
食事の後消化が終わる前に寝てしまうと、浅い睡眠になってしまうためです。
もし夜遅くになってしまった場合には、食事はできるだけ消化のいい果物等にします。

肌荒れの改善には、運動も重要です。
運動はストレスの軽減につながるだけでなく、血流の促進・ホルモンバランスの調節にも効果的だからです。
ただ、運動といってもあまりハードなものでなく、全身をつかったウォーキングなどでかまいません。

ストレスの軽減には、入浴も効果的です。
入浴も体が温まることで血流が促進されます。
また、不要な汚れを落とすことで、肌の代謝を良くすることができます。
ただし、お風呂から出た後スキンケアをせずにしばらく放置すると、乾燥の原因となるため注意が必要です。

生活習慣を改善することで、肌荒れだけでなく、体調不良も改善することができます。
そして、生活習慣の改善とともに重要なのが、スキンケアの改善です。
まず大切なのが、肌にできるだけストレスを与えないことです。
濃いメイクの場合はリキッドタイプのメイク落としを使用する必要がありますが、もしメイクが薄めならミルクタイプを使用するようにします。

洗顔の際も泡で優しく洗うようにし、肌にできるだけ手が触れないようにします。
そして乾燥が一番の肌荒れの原因となるため、顔を洗ったら乾燥を防ぐ必要があります。
水分をタオルで優しく拭き取り、美容液や化粧水を優しく手やコットンでつけた後、乳液等で水分を肌に閉じ込めます。
紫外線も肌にダメージを与える為、日焼け止めはつけるようにします。
ただし、日ごろの生活にあった強さの日焼け止めを使うようにし、肌に極力強いものはつけないようにする必要があります。