美白効果のある食べ物で肌ケア

オレンジ

美白効果が高いと言われている成分は色々あります。
例えば、ビタミンC、セラミド、リコピン、L-システイン、ビタミンE、β-カロチン、エラグ酸などです。
これらの成分が豊富に含まれている食べ物を摂取することによって、効果的な肌ケアを行うことができます。

ビタミンC
果物に多く含まれています。
例えば、アセロラやキウイフルーツ、柿などに多く含まれています。
また、ゴーヤやパセリにも多いと言われています。
ビタミンCはレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類にも含まれていますが、柑橘類を食べた後に紫外線を浴びるとシミなどの原因になってしまいます。
ですから柑橘類を食べる時は、朝を避けて夜にするのがおすすめです。
セラミド
こんにゃく芋や小麦、ブロッコリー、大豆、黒豆、牛乳などに多く含まれています。
特にこんにゃく芋の含有量が多く、小麦の3倍以上のセラミドが含まれていると言われています。
また、黒豆やゴボウ、黒コショウ、ヒジキ、そば、コーヒーといった黒い色の食べ物にも多い傾向があります。
リコピン
トマトやスイカ、柿、人参などに多く含まれています。
トマトの場合には皮の部分に多く含まれているので、トマトを食べる時には皮ごと食べる必要があります。
また、普通のトマトよりもミニトマトの方が皮の部分が多いので、リコピンの量も多くなります。
L-システイン
体内で合成される成分です。 必須脂肪酸のメチオニンという栄養素を摂取することによって、L-システインがつくられています。
メチオニンが含まれる食べ物には、マグロや肉類、牛乳、チーズ、納豆などがあります。
ビタミンE
ナッツ類やほうれん草、かぼちゃ、アボカドなどの食べ物に多く含まれています。
β-カロチンの含有量が多い食べ物の代表は人参ですが、その他にもほうれん草やかぼちゃ、ニラ、モロヘイヤなどの野菜に多く含まれています。
エラグ酸
ザクロやブルーベリー、ラズベリー、いちご、アサイーといった果物に多く含まれています。

体の内面から取り入れることで美白になれる

美白というと、日焼け止めやスキンケア用品といったコスメをイメージする人も多いと思います。
確かに紫外線のダメージから肌を守るために日焼け止めやスキンケアは欠かせません。
しかし、肌細胞は食べ物から摂取した栄養を元につくられています。
美白効果の高い食べ物を摂り入れることで、内側から美白になる肌ケアを行うことができます。

ビタミンC
シミやそばかすの元になってしまうチロシナーゼという物質の働きを阻害する作用があります。
そのためビタミンCは美白効果の高い栄養素と言われています。
セラミド
肌を紫外線などのダメージから守ってくれる働きがあります。
セラミドには保湿効果もあるので、乾燥肌の人の肌ケアにも最適です。
リコピン
強い抗酸化作用を持っていることが知られています。
そのため、リコピンを摂取することで、老化の原因となる肌の酸化を防ぐことができます。
L-システイン
シミの原因になるメラニンの生成を防止してくれる成分です。
また、L-システインには、角質に沈着したメラニンの排出を助ける働きもあります。
ビタミンE
肌の新陳代謝を促進してくれる効果が期待できます。
ビタミンEは色素沈着してしまっている細胞を排出する働きもあるため、シミに効果的な肌ケアをすることができます。
また、ビタミンEは、血液の循環を良くする働きもあります。
β-カロチンには、強い抗酸化作用があります。
β-カロチンはメラニンが肌に沈着するのを抑えてくれます。
また、β-カロチンは体内で肌の新陳代謝を高めるビタミンAに変換されることもあります。
エラグ酸
メラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあります。
エラグ酸には抗酸化作用もあるので、肌荒れを防いでくれます。
それからエラグ酸はビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果を発揮するので、より効果的な肌ケアをすることができます。