女性の肌は生理前になるとボロボロになる

肌トラブル

生理前になると、肌が荒れたりニキビができたりと肌トラブルが起き、ボロボロ状態になるのを経験したことがある女性も多いのではないでしょうか。
生理前になると起こるこの肌トラブルは、女性ホルモンと密接に関係しています。
女性ホルモンには役割が異なる二つの種類があり、それぞれ卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンといいます。

エストロゲンは、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を厚くし整える働きがあります。
またコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用があり、肌や髪に潤いを与え綺麗にしてくれます。
皮脂の分泌量も抑え調子を良くしてくれるため、美肌ホルモンともいわれています。
生理の終わりごろから分泌量が増えだし、排卵直後に最ももたくさん分泌されます。
その後がくんと分泌量が減り、一定量を維持したあと、生理前にまたぐんと減ってしまいます。

プロゲステロンは、エストロゲンが子宮内膜を厚くした後を継いで、受精卵が着床しやすいようにさらにふかふかにする働きがあります。
妊娠した後は妊娠を継続できるようにサポートします。
食欲が増進する働きもあるとされています。
また、プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きがあり、皮脂の分泌量が増加します。
プロゲステロンが分泌されるのは排卵後の約2週間で、生理前のこの期間を黄体期と呼びます。

黄体期に肌がボロボロになる理由は、このプロゲステロンが増加することにあります。
プロゲステロンの影響で皮脂の分泌が盛んになるため、毛穴が詰まりやすく、その結果にきびができやすくなります。
またメラニン色素が作られやすくなり、シミや肝斑ができやすくなります。
さらにプロゲステロンは腸の働きを抑える働きがあります。
そのため便秘しやすくなります。
体内にとどまった便は日が経つにつれ腐敗しはじめ、有害物質が発生します。
これが原因でさらに肌トラブルが起き、ボロボロの状態になります。
このように、黄体期にはとにかく肌トラブルが起きやすい時期です。
そのため、黄体期は余計な刺激のないスキンケアが基本になります。
まず、生理前は皮脂の分泌量が増えますので、洗顔して余分な皮脂を取り除くことが大切です。
ごしごしと洗うのは刺激となり、肌トラブルの元となります。
よく泡立てた泡で包み込むようにして洗うようにしましょう。
また、よく洗い流した後は、低刺激の保湿化粧品を使って保湿を心がけましょう。

女性ホルモンが乱れることでのリスク

生理前は肌がボロボロになりやすいとはいえ、基本的にエストロゲンとプロゲステロンが周期にそってバランスよく分泌していれば、それほど問題はありません。
しかし、何らかの理由でこのバランスが崩れると、黄体期に肌がボロボロになるだけでなく、心身に不快な症状を起こします。
女性ホルモンのバランスは、些細な刺激でも崩れます。
乱れる原因となるものには、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などさまざまなものがあります。

それでは、ホルモンバランスが乱れると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
女性ホルモンは生理周期と深くかかわっているため、生理不順や生理痛、月経前症候群、月経異常、無月経といった、生理にかかわる面でさまざまな不調が引き起こされます。
めまいやのぼせ、頭痛、不眠といった自律神経失調症の症状も、ホルモンバランスが狂うことで引き起こされます。
ホルモンは脳下垂体で分泌されており、自律神経はすぐ近くの視床下部でコントロールされていて影響を受けやすいためです。

この他、プロゲステロンが減少すると子宮を妊娠しやすい状態に維持することが難しくなり、不妊になる可能性が考えられます。
エストロゲンの減少が更年期障害のさまざまな症状を招くこともあります。
このように、女性ホルモンのバランスの乱れをそのままにしていると、女性の体にはさまざまな不具合が生じます。
バランスが乱れないようにするためには、普段の生活で気を付ける必要があります。

質の高い睡眠
まずは良質な睡眠をしっかり取りましょう。
バランスの良い食事
また、食生活の改善も大切です。 お肉ばかりでなく野菜も意識して摂る、刺激の強い料理は過度に摂取しないなど、偏りのない食事をこころがけましょう。
喫煙
たばこはできるだけやめたほうがいいでしょう。
アルコール
アルコールは過度の摂取を控えましょう。
ストレス発散
ストレスをため込まずに解消することも大切です。 ストレスのない生活を送るのは難しいですが、自分なりの方法を見つけ、うまく解消しましょう。 しっかりと休息をとることも大切です。