トレチノインとハイドロキノンで美白ピーリング

肌のくすみが気になる女性 肌の色が濃くなったりシミやくすみ、色素沈着ができるのは、肌中でメラニン色素の生成量が増えるからです。
メラニン色素が増えても、それが一時的ならトラブルが引き起こされることはありません。
しかし、生成量が増えるような状態が続くと、生成されたメラニン色素の排出が追いつかなくなります。
追いつかなくなれば肌中で蓄積される量が増えてそれがトラブルにつながります。
頑固なくすみや色素沈着の場合、穏やかな作用の美白成分では物足りない可能性があります。

ゆっくりと美白成分が作用しても、その間に新たなメラニン色素がどんどん生成されてしまうと症状は改善されるどころか酷くなってしまうこともあります。
そんな時に必要なのがトレチノインハイドロキノンといった高い効果を持つ美白成分です。

美白ピーリングと肌のアフターケア

美肌ケアを行った女性 メラニン色素を排出するために利用したいのがビタミンA誘導体であるトレチノインやハイドロキノンといったピーリングに高い効果を持つ成分です。
トレチノインやハイドロキノンは化粧品ではなく医薬品であり、高い効果を持つタイプです。
ビタミンA誘導体であるトレチノインは表皮の部分にあるメラニン色素を排出することができ、ハイドロキノンはシミの原因となる酵素チロシナーゼの生成を抑えることができます。
医薬品ですので非常に高い効果を発揮しますが、正しい使い方を心がけないと肌に負担をかけてしまいます。
これらを使って美白ケアを行う場合、肌のターンオーバーの働きを活発にしてきれいな肌にしていきます
化粧品でもピーリングが行えるものもありますが、ビタミンA誘導体であるトレチノインなら肌細胞に直接働きかけてコラーゲンの生成を促すことができます。
皮膚そのものを健康な状態にしてくれます。


レチノールという成分

実はトレチノインと同じようにビタミンA誘導体の成分でよく利用されるものがあります。
美白化粧品の成分を注意して見たことのある人ならレチノールという成分に見覚えがあるかもしれません。
レチノールもやはりビタミンA誘導体らしい働きをしてくれますので、肌をキレイにしてターンオーバーの活性化にも役立ちます。
シミの改善や肌の若返りにも良いといわれていますが、同じビタミンA誘導体であってもレチノールと比べるとトレチノインの効果は100倍ともいわれています。
ハイドロキノンも肌の漂白剤といわれるほど高い効果を持ちます。
ハイドロキノンはなかなか消えないシミを改善するための最後の手段と考えられることも多く、ピーリング作用によってターンオーバーを活発にできます。
つまり、ビタミンA誘導体であるトレチノインもハイドロキノンもピーリングに効き、シミの改善に高い効果を期待することができますが、その分肌に与える刺激も大きいので、アフターケアをきちんとしなければなりません。

レチノールという成分

ピーリング作用を持つケア用品は、肌のターンオーバーを促すことで瑞々しい細胞を増やします。
それがシミの改善や若返りにつながりますが、一時的に無防備な状態になるのが問題です。
まずは保湿を行って肌中の水分量を増やすことが大切です。
水分量が増えると肌のバリア機能が強化されて、外的刺激に反応しにくくなります。
ピーリング後は紫外線の影響を強く受けやすいので、紫外線対策を徹底することも忘れてはいけません。
利用後の肌のコンディションがなかなか整わない場合には、せっかく肌中で生成されたコラーゲンが上手く働けていない可能性があります。

肌には保湿が重要

保湿対策に高い効果を発揮して潤い維持に役立つセラミドを取り入れるのが有効です。
トレチノインもハイドロキノンも若返りに高い効果がある成分ですが、併用することで水分を効率良く取り込んで保持することができます。
保湿に高い効果を発揮する成分を併用することは、肌の回復を早めることにつながります。
刺激に負けない肌作りやターンオーバーの活性化においても重要なことですので、積極的に併用することを考える必要があります。

トレチノインとハイドロキノンを併用による効果

シミが改善された女性 ビタミンA誘導体のトレチノインとハイドロキノンを併用する場合、どちらもターンオーバーの働きを高めてシミの改善に高い効果がありますので、有効な美白対策になります。
トレチノインは表皮の深い層にあるメラニン色素を排出することができますので、既に現れているシミを順調に薄くしていくことができます。
同じような作用を持つビタミンA誘導体であるレチノールで代用できそうな気もしますが、効果にはかなり差があります。
ハイドロキノンはシミを作る前の段階で酵素チロシナーゼの働きを抑制することで美白に高い効果を発揮します。
ハイドロキノンにはメラニン色素を排出する作用もありますので、メラニン色素の排出と生成の抑制という両方の効果が得られます。
そのため、高い効果が既に広く知られており美白で困ったらこの成分の導入を検討する人が非常に多いようです。


ハイドロキノン

若返り効果も期待できる

これだけ高い効果を持つトレチノインとハイドロキノンを併用する場合、美白や美肌、若返りにも優れた効果があります
両方を取り入れることで既に生成されてしまったメラニン色素をしっかりと排出させることができ、それと同時に今後はメラニン色素が生成されないように抑えることができます。
併用してこのどちらの効果も得るということが非常に重要であり、シミ対策や美白対策においてはどちらの効能が欠けても上手くいきません。
併用するとダブルのピーリング効果が得られますので、古い角質は順調に排出されます。
ピーリングというとこの古い角質を剥がすことが重視されますが、ビタミンA誘導体であるトレチノインを用いることで肌細胞に直接働きかけて、コラーゲンの生成能力を回復させたり肌を健康な状態にすることができます。
コラーゲンの増加は若返りに直接関係する部分ですので、アンチエイジング対策にも有効です。
併用し始めてからしばらく経つと肌は少しずつ水分量が増えてもちもちとした状態になり、若返りを実感できます。

ハイドロキノンとトレチノインの併用が得策

メラニン色素が大量に生成されてしまったことが原因であるシミやそばかすを消すことに繋がり、くすみなども徐々に薄くなっていきますし、こまかなシワや毛穴の開きなども改善されます。
ニキビ跡の改善にも有効な手段ですので、様々なトラブルに高い効果がある成分です。
ハイドロキノンだけでも高い効果はありますので、シミやくすみなどのメラニン色素が原因のトラブルだけなら早期に改善できる可能性があります。
併用する場合は更に効果が高くなりますので、より効率良くケアを行えるようになります。
美白だけを見てもやはり併用するのが得策だと考えられますが、若返りの作用を考えた場合にはビタミンA誘導体であるトレチノインを利用するのが必須となります。
肌中のコラーゲン量を増やして若返りに高い効果が現れるのは、併用してビタミンA誘導体であるトレチノインを使うからです。
更に、ターンオーバーを促す働きやピーリング作用も併用することで高くなります。
シミが消えてもシワが目立ってしまってはお手入れが足りないと感じてしまいますので、若返りの作用はとても重要です。

肌のターンオーバーとはどのようなことか

ビタミンA誘導体であるトレチノインや肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンの効果を知るためには、ターンオーバーの働きを知らなければなりません。
シミの改善や美白、若返りを行う上でも重要なことです。
ターンオーバーの働きが分かればピーリング効果が重要であることも分かりますし、併用するメリットにも納得できます。

ターンオーバーとは?

皮膚の生まれ変わりのことです。
表皮の基底層で生まれた細胞はどんどん押し上げられていって角化細胞になり、最後には新しく生まれた細胞によって表面まで押し上げられて剥がれ落ちます。
このサイクルがターンオーバーであり、順調にターンオーバーが起こっている肌はシミなどのトラブルも起こりにくくなりますし、自然に若返りも行えます。
若返り対策や美白対策を行っているのに効果が出ない時には、ターンオーバーの乱れを疑う必要があります。
順調ならターンオーバーの周期は28日程度です。
若いうちは比較的これに近い周期でターンオーバーが起こりますのでシミもあまり見られません。
しかし、加齢や何らかのトラブルでターンオーバーの周期が長くなると、シミもできやすくなります。
そうなれば美白対策の必要性を感じますが、その前にターンオーバーの周期を戻さなければなりません

ターンオーバーが遅れる場合の対処法

実はターンオーバーは早すぎても遅すぎても良くありません。
ただし、ターンオーバーが早すぎるという話はあまり聞きませんので、遅れてしまった場合の対処法を覚えておく必要があります。
ターンオーバーが遅れたら以下の方法を実践しましょう。

  • 生活のリズムを整える
  • 快適な睡眠をとる
  • 食事バランスの見直し
  • ストレス発散
  • 保湿ケア

日頃の生活の仕方がターンオーバーに深く関わっており、乱れた生活がシミを作ります
シミができてしまったら、ターンオーバーを順調にするのと同時に美白対策も行うようにします。
ターンオーバーを回復させるのには時間がかかりますので美白ケアも並行して行うのですが、その際にはやはりビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンを併用する必要があります。
古い角質が溜まってしまったらピーリングで取り除くのが有効であり、併用して高い効果が得られればシミが消えて若返りにもなります。

ターンオーバーの働き

ターンオーバーの働きが鈍ると肌トラブルが改善されないだけでなく、老化も進みます。
ですから、若返り効果のあるビタミンA誘導体であるトレチノインは非常に重要な意味を持ちます。
ピーリングを行うだけではターンオーバーを活性化させるだけで若返りへの効果が限定的です。
もちろん瑞々しい細胞が増えますのでピーリングを行う意味はあるのですが、ビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンを併用すれば若返りという副効果がついてきます。

ビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンを併用してピーリングに関して高い効果が得られれば、肌のターンオーバーの遅れを感じなくなります。
ピーリングと同時に潤い成分を増やすケアを行うことで若返りに高い効果を実感できますし、既に潤いケアなどで若返り対策を行っている場合には更に高い効果が現れます。

何故シミはできるのか?

シミができる原因には様々なものがあります。
日頃若返り対策を行っている人なら分かりますが、ある程度の年齢になると細胞の働きが衰えて古い細胞が留まることでシミができます
この場合は古い細胞の排出のためにピーリングを行うのが有効です。
ピーリングを行うにはビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンの併用で高い効果が得られます。
どちらも医薬品で強いのでビタミンA誘導体であるトレチノインだけ、あるいはハイドロキノンだけでも良いのではないかと考える人もいます。
しかし、この二つは併用することで更に効率が良くなります。
もちろん刺激は強くなりますが、その分高い効果がありますので、長引くシミに悩んでいるのならやはり併用がお勧めです。

肌のシミの原因

肌の老化以外でシミの原因となるのは、紫外線や乾燥です。
紫外線の影響は蓄積されていき、数年後に出ることも珍しくありません。
この場合は頑固なシミになっていて優しい作用の美白ケアでは高い効果は期待できません。
メラニン色素の排出と生成を促して美白を行うためにピーリングをしなければなりませんが、ピーリングをするならビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンの併用で早期の改善が望めます。
ニキビなどの炎症後にシミができることもあります。

ピーリングが大切

ピーリングを行わなくても通常の美白ケアで良くなることもあります。
ただし、炎症の度合いが酷くてダメージが深い部分にまで達していれば、ターンオーバーを促すためにピーリングが必要です。
色々な原因がありますが、どのケースを見てもピーリングが美白に効果的であることが分かります。

ピーリングも作用の強いものから弱いものまで色々ありますが、せっかく行うのなら強いピーリング作用があって美白を効率良く行える方法が有効です。
シミができやすい人は肌の衰えや紫外線、乾燥などの何らかの要因を抱えています。
その場合は継続的にビタミンA誘導体であるトレチノインとハイドロキノンでピーリングを行うことが大切です。
この二つの併用でシミのできやすい肌でも新たなものが作られないようにできますし、今できているシミも短期間で良くなります